Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告が前月の10倍に - 複数金融機関が標的

2015年12月のフィッシング報告件数は、前月の10倍増となる2540件となった。URLの件数も約3倍へと増加している。

フィッシング対策協議会のまとめによれば、2015年12月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は2540件。前月の246件から10倍超へと大幅に増加した。

2015年下半期は金融機関を装った攻撃が断続的に発生したものの、1000件以下と比較的低い水準で推移。しかし同年最後となる12月に一転して急増した。2000件を超えたのは2015年1月以来、約1年ぶり。

12月は金融機関を標的とした攻撃が多発。全体の98%を占めている。金融機関の名称だけ変えて同じ文面を使い回したフィッシングメールが目立った。そのほか、オンラインゲームや通信事業者を装うケースも報告されている。

フィッシングサイトに利用されたURLも278件と、前月の96件を大きく上回った。フィッシングに悪用されたブランドの件数は2件増加して17件だった。

(Security NEXT - 2016/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類