Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元職員の投稿動画に有権者の個人情報 - 堺市

大阪府堺市の元職員が、在職中に約68万人分の有権者データを無断で持ち出し、外部に流出した問題で、そのうち2人分の情報が動画投稿サイトから長期間にわたり閲覧可能な状態だったことがわかった。

同市によると、データを持ち出した元職員が、自身が作成した選挙システムを宣伝するために動画を作成、動画には有権者の個人情報を使用、動画サイトで公開していたという。

投稿した2014年4月20日から削除した2015年12月24日まで閲覧可能な状態で、不在者投票の対象者である2人分の個人情報が映っていた。1人は氏名と住所、もう1人は氏名や住所、障害名、資格者証の区分などが含まれるという。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市