Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月修正の「Flash Player」脆弱性が攻撃対象に - 確実にアップデートを

エクスプロイトキットである「Angler」が、12月前半に修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性を早くも攻撃対象としていることがわかった。多くの人が長期休暇を迎える時期だが、休暇前にしっかりアップデートされていることをあらためて確認しておく必要がある。

悪用が確認されたのは、「Adobe Flash Player」においてヒープオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2015-8446」。「Angler EK」が、同脆弱性を悪用していることをフランスのセキュリティ研究者が確認、報告した。

「Angler EK」は、修正プログラム公開後に脆弱性に対する攻撃をいち早く実装することで知られるエクスプロイトキット。国内を対象とする広告経由のマルウェア感染攻撃へ利用されたことが確認されているほか、国内で被害が出て注目を集めた「vvvランサムウェア」こと「TeslaCrypt 2.2.0」の拡散にも用いられたことが判明している。

(Security NEXT - 2015/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 悪用は未確認
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
macOS向けに「.NET Framework」を用いた攻撃 - 「Gatekeeper」を回避
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Flash Player」がアップデート - セキュリティ修正含まず
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか