Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
都民の住宅ローン情報含むファイルを誤送信 - 東京都
米政府のサイバーアラートに見せかけた偽メールに注意
「Joomla」のファイル添付機能拡張に脆弱性 - コード実行のおそれ
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
中国関与の攻撃グループ「APT10」の活動を非難 - 外務省談話
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社