Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去

サイバーソリューションズは、メール経由で脅威が侵入することを低減する自治体向けサービス「メール無害化転送機能」を2016年2月末より提供する。

同サービスは、受信したメールにおいてサイバー攻撃で利用されることのあるリンクや添付ファイルを除去し、総合行政ネットワーク(LGWAN)のメールサーバに転送するもの。

具体的には、インターネット経由で受信したメールに対し、HTMLメールに対しては本文からテキスト情報を抽出、リンク情報を破棄する。

また添付ファイルからテキストを抽出、本文内に展開した上で添付ファイルを削除する。オリジナルのメールはインターネットのメールサーバに保存されており、必要に応じて確認できる。

100アカウント利用時の価格は102万6000円から。運用にあたっては別途年間保守費用が必要となる。同社では、2017年7月までに100団体での導入を目指している。

(Security NEXT - 2015/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
1年前のメール送信ミスを公表、匿名による指摘 - 新潟県
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
旅客機墜落事故に便乗するマルウェア攻撃に注意を
顧客向けメールに配信リストを誤って添付 - 日本財託
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も