Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

厚労省のウェブサイトにDDoS攻撃 - 一時停止

厚生労働省のウェブサイトが外部からの攻撃を受け、11月21日未明から一時閲覧できない状態が発生した。23日午後に復旧している。

同省によれば、外部から大量の通信が発生するDDoS攻撃により11月21日未明からウェブサイトが一時停止。同省では安全性を確認したとして、同月23日午後より再開した。今回の攻撃によるサイトの改ざんや、個人情報の流出などについては否定している。

今回の攻撃に関し、社会運動を展開する共同体「アノニマス」の参加者を名乗る人物がTwitterで、攻撃を示唆する投稿を行っていた。

「アノニマス」には、合法的な活動を信条とする参加者から、非合法な行為に及ぶ参加者までさまざま。日本国内のイルカ追い込み漁に反対する活動を展開するグループもおり、今回の攻撃はその一環とみられている。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も