Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の作り込みを防止する開発支援ツールに新版 - アスタリスク・リサーチ

アスタリスク・リサーチは、開発者のセキュアコーディングを支援する米Codiscope製ツール「SecureAssist」の新版を提供開始した。

同製品は、開発者が利用するIDE向けの拡張ツール。入出力チェック、データの取り扱い、設定の不備など200以上のテスト項目から脆弱性につながるコーディングの不備を指摘。修正方法をガイダンスとして表示する。「.NET」「Java」「PHP」へ対応している。

今回リリースした「同2.5」では、従来より対応している「Microsoft Visual Studio」「Eclipse」にくわえ、「IntelliJ IDEA 14」をあらたにサポート。また「Eclipse」におけるソースコードのスキャンを最速化した。

(Security NEXT - 2015/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
「Wget」に深刻な脆弱性 - チャンクエンコードの処理に問題
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
深刻な脆弱性で「Apache Struts 2.3」系もアップデート - 緩和策も
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
「Androidアプリのセキュアコーディングガイド」に最新英語版