Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、ネットワーク組込機器向けファジングツールに新版

FFRIは、ネットワーク組み込み機器向けのセキュリティ検査ツール「FFR Raven 1.5」を提供開始した。

同製品は、同製品は、ネットワーク機器や携帯端末、情報家電などに対し、異常なパケットの組み合わせを自動生成して送信し、脆弱性を検出するファジングテストツール。最新版ではSDKをあらたに用意しており、独自のファジングモジュールを開発することが可能となった。

またテスト終了時に外部プログラムの呼び出すことが可能。死活監視により対象機器の停止を確認し、外部プログラムを呼び出して機器を再起動することもできる。テスト終了時には検査結果をメールで通知できる。

(Security NEXT - 2015/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併 - 成長戦略に「セキュアIoT」
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも