Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先への不正アクセスでメルマガ会員情報が流出 - 伊予鉄高島屋

伊予鉄高島屋は、委託先のウェブサーバに不正アクセスがあり、同社メールマガジン読者のメールアドレスなど1万2345件が外部へ流出している可能性があることを明らかにした。

メールマガジンの配信に利用していたセキのウェブサーバに脆弱性が存在し、SQLインジェクション攻撃により情報が流出した可能性があることが判明したもの。セキでは具体的な社名を公表していないが、受託していた17社の顧客情報が不正アクセスにより流出した可能性があり、調査中であることを公表している

流出した可能性があるのは、メールマガジンの会員情報1万2345件で、メールアドレスのほか性別や誕生年などが含まれる。迷惑メールなどの被害について、現時点では報告を受けていないとしている。

同社では、対象となる会員へ個別に連絡を取っている。また委託先に対して、流出したメールアドレスのモニタリングや流出した個人情報の範囲特定などを要請していく。

(Security NEXT - 2015/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で