Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト通販サイトへの不正アクセス、個人情報流出の可能性 - クレカ情報も

千趣会の子会社、ベルネージュダイレクトが運営するギフト通販サイトが不正アクセスを受けた問題で、同社は個人情報最大13万1096件が流出した可能性があることを明らかにした。

20150915_bd_001.jpg
個人情報漏洩の可能性を公表したベルネージュダイレクト。不正アクセスを受けたサイトは閉鎖しており、現在稼働中のサイトに影響はないという

8月21日にサイトの運営を委託しているアヴェールと再委託先のセキがウェブサーバに対する不正アクセスと見られる形跡を発見。Payment Card Forensicsに調査を依頼し、同月26日に不正アクセスについて報告を受けたという。

今回の問題について、ベルネージュダイレクトでは9月3日に不正アクセスの報告を受けたとしており、同日にサイトを閉鎖。9月7日に調査中であるとして事態を公表していた。

同社によれば、調査により2012年9月20日から2015年8月26日にかけて、「ベビパラハッピーギフト」「Pre-moギフト」「TOMATOMAギフト」「ベビパラギフト」の4サイトで登録、注文した顧客や届け先情報など流出した可能性があることがわかったという。

(Security NEXT - 2015/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で