Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ラッド、アラート機能を追加した「NIRVANA-R」をリリース

日本ラッドは、独自機能を追加したネットワーク可視化システム「NIRVANA-R」の提供を開始した。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)が開発したネットワーク可視化、監視システム「NIRVANA」をベースに同社が独自に機能を追加したもの。6月に同機構よりソースコードを利用、改変する権利を取得し、あらたに開発した。

今回リリースした「同1.0」では、アラート機能を追加。あらかじめ設定した閾値を超える通信量が発生した場合はもちろん、ネットワークトラフィック、プロトコル、ポート番号、IPアドレスなど特定の条件を満たす通信が発生した場合、画面上にアラートを表示するとともに管理者へメールで通知することが可能。

今後同社では、グローバル展開を視野に入れ、セキュリティアプライアンスやネットワーク機器との連携機能や、アラート発生時のパケット保存機能など、新機能を追加していく予定。

(Security NEXT - 2015/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム