Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ラッド、アラート機能を追加した「NIRVANA-R」をリリース

日本ラッドは、独自機能を追加したネットワーク可視化システム「NIRVANA-R」の提供を開始した。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)が開発したネットワーク可視化、監視システム「NIRVANA」をベースに同社が独自に機能を追加したもの。6月に同機構よりソースコードを利用、改変する権利を取得し、あらたに開発した。

今回リリースした「同1.0」では、アラート機能を追加。あらかじめ設定した閾値を超える通信量が発生した場合はもちろん、ネットワークトラフィック、プロトコル、ポート番号、IPアドレスなど特定の条件を満たす通信が発生した場合、画面上にアラートを表示するとともに管理者へメールで通知することが可能。

今後同社では、グローバル展開を視野に入れ、セキュリティアプライアンスやネットワーク機器との連携機能や、アラート発生時のパケット保存機能など、新機能を追加していく予定。

(Security NEXT - 2015/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
WhiteSource製OSS管理ソリューション - ライセンスや脆弱性を可視化
クラウド基盤活用したマルウェア検疫サービス - インテック
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」
インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充