Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪意あるUSBメモリで攻撃受ける「CVE-2015-1769」 - 標的型攻撃で悪用

マイクロソフトが8月12日に公開した月例セキュリティ更新プログラムで、USBメモリを用いて特権の昇格が可能となる脆弱性が修正された。深刻度は4段階中2番目に高い「重要」だが、脆弱性に対するゼロデイ攻撃が確認されており、注意が必要だ。

問題の「CVE-2015-1769」は、マウントマネージャの脆弱性。「Windows Vista」以降に影響があり、「Windows 10」にも脆弱性が存在する。同社は「MS15-085」にて修正している。

脆弱性を悪用すると、USBデバイスを利用してディスク上にバイナリを書き込み、実行することが可能になる。悪用するには端末へアクセスできる環境が必要となるが、すでに標的型攻撃で使用されたと見られる情報を得ているという。

更新プログラムを適用することで、マウントマネージャのコンポーネントより脆弱性なコードを削除し、脆弱性を解消できる。また更新適用後は、「CVE-2015-1769」が悪用された場合に攻撃をブロックするとともに、マウントマネージャのエラーログとして記録することが可能。ログ監査により攻撃の検知が可能になるという。

(Security NEXT - 2015/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性