Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全衛生技術試験協会、サイトを再開 - 改ざん原因は調査中

不正アクセスを受け、ウェブサイトの一部コンテンツを改ざんされた問題で、安全衛生技術試験協会は、ウェブサイトを再開した。

今回のウェブサイトの改ざんでは、Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5119」を悪用する「swfファイル」や、マルウェアが設置されたもの。米国時間7月8日に公開された「APSB15-16」を適用していない「同18.0.0.194」や以前のバージョンで閲覧した場合、マルウェアへ感染するおそれがあった。

同協会では、不正アクセスの内容、対応方法など調査を進めるとともに、ウェブサイトが改ざんされていたと見られる7月10日12時ごろから17時半までにアクセスした心当たりがある利用者へ、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース
給食センター職員が有給休暇記録を改ざん、懲戒処分に - 長浜市
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク