Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全衛生技術試験協会、サイトを再開 - 改ざん原因は調査中

不正アクセスを受け、ウェブサイトの一部コンテンツを改ざんされた問題で、安全衛生技術試験協会は、ウェブサイトを再開した。

今回のウェブサイトの改ざんでは、Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5119」を悪用する「swfファイル」や、マルウェアが設置されたもの。米国時間7月8日に公開された「APSB15-16」を適用していない「同18.0.0.194」や以前のバージョンで閲覧した場合、マルウェアへ感染するおそれがあった。

同協会では、不正アクセスの内容、対応方法など調査を進めるとともに、ウェブサイトが改ざんされていたと見られる7月10日12時ごろから17時半までにアクセスした心当たりがある利用者へ、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ