Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

安全衛生技術試験協会、サイトを再開 - 改ざん原因は調査中

不正アクセスを受け、ウェブサイトの一部コンテンツを改ざんされた問題で、安全衛生技術試験協会は、ウェブサイトを再開した。

今回のウェブサイトの改ざんでは、Adobe Flash Playerの脆弱性「CVE-2015-5119」を悪用する「swfファイル」や、マルウェアが設置されたもの。米国時間7月8日に公開された「APSB15-16」を適用していない「同18.0.0.194」や以前のバージョンで閲覧した場合、マルウェアへ感染するおそれがあった。

同協会では、不正アクセスの内容、対応方法など調査を進めるとともに、ウェブサイトが改ざんされていたと見られる7月10日12時ごろから17時半までにアクセスした心当たりがある利用者へ、マルウェアへ感染していないか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
ハンモックのIT管理製品「AssetView」に複数の脆弱性