Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ソフト「P-Pointer」がマイナンバー検出に対応

レピカは、個人情報検出ソフト「P-Pointer」の新版「同3.8.0」を提供開始する。マイナンバーを含むファイルの検出に対応した。

同製品は、パソコン内から個人情報や機密情報を含むファイルを検索し、レポートするソフトウェア。最新版では、12桁の「個人番号」と13桁の「法人番号」に対応する辞書を追加。チェックデジットによる判定も行う。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が2016年より開始されることから、同社では需要を見据え、5月よりマイナンバー管理部署向けに「P-Pointer マイナンバーパック」を展開。リリース当時、マイナンバーの検出機能を開発予定としていたが、今回機能を追加した。

また同社は、ファイルサーバ内の個人情報を検索する「P-Pointer EXA」を提供しているが、同製品におけるマイナンバー辞書の追加は、9月末の予定としている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習