Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報検出ソフト「P-Pointer」がマイナンバー検出に対応

レピカは、個人情報検出ソフト「P-Pointer」の新版「同3.8.0」を提供開始する。マイナンバーを含むファイルの検出に対応した。

同製品は、パソコン内から個人情報や機密情報を含むファイルを検索し、レポートするソフトウェア。最新版では、12桁の「個人番号」と13桁の「法人番号」に対応する辞書を追加。チェックデジットによる判定も行う。

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)が2016年より開始されることから、同社では需要を見据え、5月よりマイナンバー管理部署向けに「P-Pointer マイナンバーパック」を展開。リリース当時、マイナンバーの検出機能を開発予定としていたが、今回機能を追加した。

また同社は、ファイルサーバ内の個人情報を検索する「P-Pointer EXA」を提供しているが、同製品におけるマイナンバー辞書の追加は、9月末の予定としている。

(Security NEXT - 2015/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供