Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信で講座参加者のアドレス流出 - 茅ヶ崎市

神奈川県茅ケ崎市が市民団体との恊働事業で開催した講座において、恊働事業者が参加者へのメールを送信した際、誤送信によりメールアドレスが流出したことを公表した。

7月21日、恊働事業者である市民団体「うみのあお、そらのあお」が、2日後に開催される講座を通知するメールを講座参加者15人に送信したが、宛先にメールアドレスを記載し、受信者間にメールアドレスが流出したという。

講座終了後の31日に、講座参加者の1人がメールへ返信したところ、参加者全員に届いたことでミスが問題が判明した。同市の指示により市民団体では関係者に謝罪、誤送信されたメールの削除を依頼。苦情などは寄せられなかった。住民からの苦情などはなかった。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専