Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで個人情報流出 - 対日貿易投資交流促進協会

対日貿易投資交流促進協会(MIPRO)のウェブサイトが不正アクセスを受け、セミナー参加者13人の個人情報が流出したことがわかった。

ウェブサイトが不正アクセスを受け、保有する個人情報が流出していたことが判明したもの。7月3日にJPCERTコーディネーションセンターから連絡があり、被害に気が付いたという。

流出したのはセミナー参加者13人の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどで、一部企業名やファックス番号なども含まれる。

同協会では対象となる関係者へ個別に説明を実施。サイトを一時停止してセキュリティ対策を強化し、8月5日よりサイトを再開している。

(Security NEXT - 2015/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に