Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

九州大、セキュリティ入門講座を11月から開講

九州大学は、無料講座「個人と組織のための最先端サイバーセキュリティ入門」を11月より開講する。受講期間は11月10日から12月8日で、受講料は無料。

今回、同センターのセンター長を務める岡村耕二教授を講師として、全学部の1年生を対象に開講している「サイバーセキュリティ基礎論」をベースにした内容の講座を、ネットラーニングが提供するプラットフォーム「OpenLearning,Japan」経由で提供するもの。

講義では、セキュリティ対策を実施しているにもかかわらずサイバー攻撃に遭うしくみを解説するほか、サイバーセキュリティ対策のあたらしい技術を紹介。また、サイバー脅威を回避する新しい組織体制についても解説する。

同大学では、2014年6月に米メリーランド大学と学術交流協定を締結し、同年12月にはサイバーセキュリティセンターを新設するなど、サイバーセキュリティに関する人材育成に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2015/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
学生向けのメールで誤送信が相次いで発生 - 同志社大
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証