Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宿泊予約サイト「MAPPLEトラベル」に不正アクセス - メルアドやPWが流出か

ホテルや旅館の宿泊予約サイト「MAPPLEトラベル」が不正アクセスを受け、アカウント情報が流出した可能性のあることがわかった。

20150721_ss_001.jpg
不正アクセスを受けた「MAPPLEトラベル」

同サイトを運営する昭文社によれば、サイトを運用している委託先のサーバに対し、不審なアクセスが集中したため、7月15日10時ごろより調査を行ったところ、不正アクセスが判明した。

今回の不正アクセスにより、2007年4月11日から2010年3月26日にかけて、同サイトや旧サイト「たびえーる.net」で会員のログインIDとして登録されたメールアドレス約8800件と、パスワード約8400件が流出した可能性があるという。

同社では、対象となる会員のパスワードを無効化し、個別にメールで案内するなど対応を行っている。現時点では、情報の改ざんや個人情報の不正利用などは、確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2015/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出