Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本関連会社でマルウェア感染 - 「なりすましメール」の踏み台に

駅構内施設「ecute」を展開するJR東日本ステーションリテイリングは、従業員が使用する複数のパソコンがマルウェアへ感染したことを明らかにした。「なりすましメール」の送信などに悪用されたという。

同社によると、7月2日にウェブサイトの閲覧によりパソコン2台がマルウェアへ感染したもの。これらパソコンより取り引き先など外部へ「なりすましメール」が送信された。

また感染端末から、内部ネットワークに保存されたファイルが改変され、破壊されたという。今回のマルウェア感染による情報流出の被害については確認されていないとしている。

同社ではなりすましメールの送信先となった関係者へ電話やメールで謝罪。受信したメールを開かずに削除するよう依頼するなど、二次被害が発生していないか確認を進めている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート