Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR東日本関連会社でマルウェア感染 - 「なりすましメール」の踏み台に

駅構内施設「ecute」を展開するJR東日本ステーションリテイリングは、従業員が使用する複数のパソコンがマルウェアへ感染したことを明らかにした。「なりすましメール」の送信などに悪用されたという。

同社によると、7月2日にウェブサイトの閲覧によりパソコン2台がマルウェアへ感染したもの。これらパソコンより取り引き先など外部へ「なりすましメール」が送信された。

また感染端末から、内部ネットワークに保存されたファイルが改変され、破壊されたという。今回のマルウェア感染による情報流出の被害については確認されていないとしている。

同社ではなりすましメールの送信先となった関係者へ電話やメールで謝罪。受信したメールを開かずに削除するよう依頼するなど、二次被害が発生していないか確認を進めている。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス