Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、公的機関向けにネット遮断ルールの設計サービス

アズジェントは、公的機関向けにネットワークの遮断のルールを設計するインシデント対策サービスを7月15日より提供する。

「セキュリティ・プラス 自動遮断・設計/設定サービス」は、ネットワークの自動遮断ルールを設計する支援サービス。SIEMのリアルタイム監視と遮断ルールの設定により、インシデント発生時の情報流出被害を抑える。

情報資産のリスク評価を行い、自動遮断のルールを設定。マルウェアの感染や不正アクセスによるインシデントが発生した際に、情報流出に関連する端末やサーバ、通信経路を部分的に遮断する。

料金は1基幹システム540万円から。初年度5億円の販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
制御システムのインシデント事例を解説した資料 - IPA
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
マルウェア設定情報の抽出ツールを公開 - JPCERT/CC