Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アズジェント、公的機関向けにネット遮断ルールの設計サービス

アズジェントは、公的機関向けにネットワークの遮断のルールを設計するインシデント対策サービスを7月15日より提供する。

「セキュリティ・プラス 自動遮断・設計/設定サービス」は、ネットワークの自動遮断ルールを設計する支援サービス。SIEMのリアルタイム監視と遮断ルールの設定により、インシデント発生時の情報流出被害を抑える。

情報資産のリスク評価を行い、自動遮断のルールを設定。マルウェアの感染や不正アクセスによるインシデントが発生した際に、情報流出に関連する端末やサーバ、通信経路を部分的に遮断する。

料金は1基幹システム540万円から。初年度5億円の販売を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告