Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新日本プロレスに不正アクセス - クレカ情報など個人情報が流出

新日本プロレスのウェブサイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む顧客の個人情報が外部へ流出していたことがわかった。

20150702_nj_001.jpg
謝罪会見の模様(写真:新日本プロレス)

4月28日に決済代行会社より指摘を受けて調査を行ったところ判明したもの。5月1日よりPayment Card Forensicsによる調査を行い、6月24日の最終報告を受けて所管官庁へ報告するとともに被害を公表した。ウェブアプリケーションの脆弱性が攻撃を受けたのが原因だという。

同社によれば、2013年8月28日から2015年4月28日までにチケットを購入したり、ファンクラブの入会や更新処理を行った最大1万8000件の顧客情報が流出したおそれがある。氏名や住所、電話番号、メールアドレスのほか、このうち1万1155件については、決済に利用したクレジットカード情報が含まれる。

同社は、流出した可能性がある顧客に対し、登録されている事務所へ事情を説明する書面を送付。身に覚えのない請求が行われていないか注意するよう呼びかける。

同社では、流出の指摘を受けた4月28日の時点で顧客へ報告することを検討していたが、調査結果の報告などを受けてから発表するよう決済代行会社により促され、発表まで時間を要したという。

(Security NEXT - 2015/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社