Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリエイター交流サイトに不正アクセス - アカウント情報が米国サイトに

クリエイターが作品の公開やグッズ販売、交流などを行える無料の会員制サイト「アットクリエイターズ」が不正アクセスを受け、会員のアカウント情報が流出していたことがわかった。

サイトを運営するグラフィックによれば、6月1日に会員から、登録アカウント情報が米国のウェブサイトに掲載されているとの指摘があり問題が発覚したという。

流出が確認されたのは、2014年6月時点でログインIDとして使用されていたメールアドレスとパスワードの7552件。サーバへの不正アクセスにより、同年12月に流出したものと見られている。

同社では問題の発覚後、ログイン機能を停止。掲載されているサイトへデータの削除を要請し、削除を確認したという。またプライバシーマーク審査機関や所管官庁へ報告する方針。

セキュリティ対策としてデータベースのパスワードを変更したほか、システムの改修を進めており、19日をめどにログイン機能を再開する予定だという。また同じパスワードを他サービスで使い回している場合は変更するよう会員へアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出