Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国立情報学研究所に不正アクセス - 緩めた設定突かれ「踏み台」に

国立情報学研究所(NII)のサーバが不正アクセスを受けていたことがわかった。セキュリティ対策の甘いサーバが踏み台に悪用されたという。

20150608_ni_001.jpg
不正アクセスを公表したNII

同研究所によれば、一部サーバが不正アクセスを受け、DoS攻撃の踏み台に悪用されていることが6月2日12時過ぎに判明したもの。すでにネットワークからは遮断されている。

同サーバは、クラウド事業者のサービスを利用し、動作の検証作業に用いていたもので、5月29日よりアクセス制限を一時的に緩め、パスワードを簡単なものに変更していたが、そのまま用いていたところ、不正アクセスを受けたという。

また今回の不正アクセスによる個人情報や機密情報などの流出については確認されていない。同研究所では事実関係を調査し、再発防止対策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2015/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件
Apple、「iOS 13.5」などリリース - 修正脆弱性は今後発表
Adobe製オーディオ編集ソフトに脆弱性 - 更新を実施
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明
「Adobe Premiere」に脆弱性 - 「Pro」「Rush」それぞれに判明
ライブアニメソフト「Adobe Character Animator」に深刻な脆弱性