Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Unicode処理のオープンソース「ICU4C」に複数の脆弱性

Unicode関連の処理を行うオープンソースライブラリ「ICU4C(International Components for Unicode for C/C++)」に複数の脆弱性が見つかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同ライブラリにヒープバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2014-8146」や、整数オーバーフロー「CVE-2014-8147」の脆弱性が含まれていることが判明したもの。脆弱性が悪用されると、サービス拒否に陥ったり、任意のコードを実行されるおそれがある。

修正版となる「同55.1」が公開されており、セキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性