Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

異常が発生したPoE機器を自動復旧するPoEリブータに新製品

アイエスエイは、「PoE(Power over Ethernet)」対応機器の障害を検知し、復旧するPoEリブータ「PB104A」の販売を開始した。

同製品は、回線途中に設置してIPカメラやアクセスポイントなどの異常を検知し、自動的に再起動が行えるPoEリブータ。ギガビットEthernetに対応しており、最大4台まで監視できる。

監視装置との連携ができるほか、障害や自動復旧状況について、メールやSNMPトラップにより管理者などへ通知することが可能。従来より対応回線数が8チャンネルのモデルを販売しているが、あらたに4チャンネルのモデルを追加し、ラインナップを強化した。価格は7万1064円

(Security NEXT - 2015/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
複数製品を活用した脅威情報の監視通知サービス - NRIセキュア
流出監視機能を備えたPW管理サービス - ニフティ