Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新生銀やセブン銀のフィッシングに注意 - 文面を使い回して攻撃中

フィッシング対策協議会は、「新生銀行」や「セブン銀行」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、注意喚起を行った。「三菱東京UFJ銀行」の利用者を狙ったフィッシング攻撃と同じ文面を用いていたという。

今回確認されたのは、「メールアドレスの確認」「本人認証サービス」などといった件名で送信されているフィッシングメール。利用者の個人情報がネットショップに不正取得されたとし、安全のためシステムをアップグレードしたなどと騙す内容で、アカウントを凍結することをほのめかして不安を煽り、メールの本文中にあるURLへアクセスさせようとしていた。

いずれのケースも、本文が「こんにちは!」と金融機関らしからぬ書き出しではじまっていた。また文面は、三菱東京UFJ銀行の利用者を狙ったケースとまったく同じで、金融機関名だけ変えて送信しており、コピーライトの表記には、三菱東京UFJ銀行に関する表記が残ったままだった。

リンク先は、正規サイトのデザインを模倣したフィッシングサイトで、アカウント情報の入力を求める。同協議会では、4月21日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、サイト閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃が発生する可能性もあるとして、広く警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用