Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報747件含むUSBメモリを地下鉄で紛失 - 帝京大付属病院

帝京大学医学部付属病院の職員が、患者747人の個人情報含むUSBメモリを地下鉄の車内で紛失したことがわかった。

4月10日22時ごろ、USBメモリの入った財布を地下鉄車内で紛失していることが判明したもの。盗難の可能性もあるため、警察に被害を届けたという。

所在不明となっているUSBメモリには、患者747人の氏名や年齢、傷病名などを保存していた。そのうち590人分のファイルにはパスワードが設定されていたが、のこる157人分はパスワード設定がなかった。同院では、対象となる患者への説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸