Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド時代の暗号技術を解説した資料を専門家が無償公開

暗号化技術を解説した「クラウドを支えるこれからの暗号技術」が公開された。githubよりダウンロードできる。

同資料は、おもに2000年以降に登場した暗号技術を中心に紹介するもので、サイボウズ・ラボの光成滋生氏が執筆した。入門書と専門書の中間の位置づけだという。

共通鍵暗号や公開鍵暗号、乱数、デジタル署名、PKIなど基本的な技術の解説にはじまり、2014年に話題を呼んだ「POODLE」や仮想通貨「Bitcoin」で利用されている楕円曲線暗号などにも言及している。

そのほか、「検索可能暗号」「準同型暗号」をはじめ、「プロキシ暗号」「放送型暗号」「IDベース暗号」「ゼロ知識証明」など、従来の暗号にないあらたな技術を紹介している。200ページほどのPDFファイルで、githubよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2015/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI