Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、サイバー攻撃の演習サービスを開始

マクニカネットワークスは、サイバー攻撃対策の演習サービス「企業の為のサイバーセキュリティWorkshop」を4月1日より提供する。

同サービスは、企業においてセキュリティ対策の企画を担当するエンジニアを対象に、標的型攻撃に特化した演習を提供するもの。

マルウェアの侵入経路をはじめ、潜伏や侵入拡大の手口、攻撃者の行動パターン、テクニックなどを解説するほか、組織の弱点、対策などを学ぶ。メールから不審なメールを探すといった具体的な演習も用意しているという。

会場は同社で、料金は参加者1人あたり10万円。1社につき最大5名まで参加できる。

(Security NEXT - 2015/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか