Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカネット、サイバー攻撃の演習サービスを開始

マクニカネットワークスは、サイバー攻撃対策の演習サービス「企業の為のサイバーセキュリティWorkshop」を4月1日より提供する。

同サービスは、企業においてセキュリティ対策の企画を担当するエンジニアを対象に、標的型攻撃に特化した演習を提供するもの。

マルウェアの侵入経路をはじめ、潜伏や侵入拡大の手口、攻撃者の行動パターン、テクニックなどを解説するほか、組織の弱点、対策などを学ぶ。メールから不審なメールを探すといった具体的な演習も用意しているという。

会場は同社で、料金は参加者1人あたり10万円。1社につき最大5名まで参加できる。

(Security NEXT - 2015/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは