Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、若年層支援「すごうで 2015」の対象者を決定

セキュリティ技術者を目指す若年層の支援プログラム「すごうで」を展開するラックは、2015年度の支援対象者を決定した。

同プログラムは、「エンジニアの卵」を発掘、支援することにより、人材不足が懸念されるセキュリティ技術者を育成する試み。今回で3回目を迎えた。対象者には、セキュリティ技術を高める目的で年間100万円相当の資金や技術面からのバックアップを行っている。

過去2回は、灘校パソコン研究部を中心に結成されたCTFチーム「Epsilon Delta」を支援しているが、2015年度は4件の応募があり、東京都在住の中学2年生である山内奏人さんに決定した。

山内さんは、小学校6年生当時に国際Rubyプログラミングコンテストの15歳以下の部門で最優秀賞を受賞した経験を持つプログラマー。日ごろの学校生活においてIT活用が進んでいないと実感しており、導入促進の方策を研究したいとの活動計画が、高い評価を得たという。

(Security NEXT - 2015/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化