Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ハンゲーム」装うフィッシング攻撃が再び発生

「ハンゲーム」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が再び確認されている。フィッシング対策協議会では注意喚起を行った。

今回確認されたのは、「アカウントの安全確認」を装ってメールを送り付け、偽サイトへ誘導するフィッシングメール。他社でIDやパスワード、クレジットカード情報などが流出したなどと不安を煽り、本人確認のためにメールを送信したなどと説明、フィッシングサイトへ誘い込む。

3月20日の時点でフィッシングサイトが稼働中であり、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

今回確認されたメールでは、フッタ部分に「メンテナンス中の場合、登録手続きを行うことはできません。終了までお待ちください」といった文言も掲載。

フィッシングサイトがアクセス不能となり、一見削除したように見えても、再開することを示唆する内容であり、同じURLで、フィッシングサイトの削除や再開を繰り返している可能性もある。

(Security NEXT - 2015/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
LINEら4社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「フィッシング詐欺」 - アルコ&ピース平子祐希さんも登場
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意