Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VALUE DOMAIN」のDNSにDoS攻撃 - 通常の50倍のパケット

ドメイン登録代行サービス「バリュードメイン」のネームサーバがDoS攻撃を受け、一時的に名前解決ができなくなる障害が発生した。

同サービスを運営するGMOデジロックによれば、12月22日14時12分ごろ、一部ネームサーバに対し、大量の攻撃パケットが送られ、名前解決の応答ができない障害が発生したという。

別ネットワークの待機サーバに切り替えたものの、待機サーバでも同様の攻撃により障害が発生。さらに別ネットワークの待機サーバに切り替えることで対応した。その後15時20分にすべてのサーバの復旧を確認している。

障害発生中は、対象ネームサーバによる名前解決ができなかったほか、同サービスのユーザーコントロールパネルにアクセスできない、サーバにアクセスできないなどの影響が出た。対象サーバを利用していないドメインに関しては、影響を受けない。

攻撃はこれまでも発生しており、今回がはじめてではないが、今回は通常の50倍による攻撃パケットであったため、障害に至ったと同社では説明。同社では想定を見直し、サーバの増強など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2014/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
「BIND 9」にDoS攻撃を受けるおそれ - アップデートがリリース
「Knot DNS」にアップデート、複数脆弱性へ対処
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減