Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VALUE DOMAIN」のDNSにDoS攻撃 - 通常の50倍のパケット

ドメイン登録代行サービス「バリュードメイン」のネームサーバがDoS攻撃を受け、一時的に名前解決ができなくなる障害が発生した。

同サービスを運営するGMOデジロックによれば、12月22日14時12分ごろ、一部ネームサーバに対し、大量の攻撃パケットが送られ、名前解決の応答ができない障害が発生したという。

別ネットワークの待機サーバに切り替えたものの、待機サーバでも同様の攻撃により障害が発生。さらに別ネットワークの待機サーバに切り替えることで対応した。その後15時20分にすべてのサーバの復旧を確認している。

障害発生中は、対象ネームサーバによる名前解決ができなかったほか、同サービスのユーザーコントロールパネルにアクセスできない、サーバにアクセスできないなどの影響が出た。対象サーバを利用していないドメインに関しては、影響を受けない。

攻撃はこれまでも発生しており、今回がはじめてではないが、今回は通常の50倍による攻撃パケットであったため、障害に至ったと同社では説明。同社では想定を見直し、サーバの増強など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2014/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布