Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HP、中小向けのクラウド型デバイス管理サービス

日本ヒューレット・パッカードは、中小企業向けのクラウド型デバイス管理サービス「HP Touchpoint Manager」を提供開始した。

同サービスは、業務で使用するパソコンやスマートフォン、タブレットの管理ツールをウェブベースで提供するもの。ベーシックパッケージでは、デバイスの稼働状況の監視やハードウェアトラブルの事前アラート、セキュリティ設定とポリシー設定の自動適用、リモートロックなどのデバイス管理機能が利用できる。

上位版となるプロパッケージではこれらの基本機能にくわえ、デバイス内のデータ消去、パスワードやPINコードのリセット、位置情報の取得、チャットと電話によるサポートなどを提供。WindowsとAndroidに対応しており、iOSに関しては近日中に対応する予定だという。

1ユーザーあたりの月額料金は、ベーシックパッケージが216円。プロパッケージが1188円。2015年5月11日までに導入した場合、6カ月間に限りベーシックパッケージを無料、プロパッケージを半額で提供する。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール