Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型改ざん検知サービス「dynaCloud 改ざん検知 plus」

東芝情報システムは、ファイル改ざんの検知機能をクラウド経由で提供する「dynaCloud 改ざん検知 plus」をリリースした。

同ソリューションは、トリップワイヤ・ジャパンの「Tripwire Enterprise」を活用したもので、改ざん検知および変更管理機能をクラウドサービスとして提供。ウェブサイトのコンテンツや、サーバ上のファイル改ざんを検知できる。

同社では、同サービスを含め、セキュリティ関連分野で年間10億円の売上を目標に事業を展開していく。

(Security NEXT - 2014/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供