Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報記載の労災保険関連書類を紛失 - 京都労働局

京都労働局は、労災の関連書類が所在不明になっていることを明らかにした。書類には、38人分の個人情報が記載されているという。

労災保険における交通事故など、第三者行為災害の手続きに関する書類6件を6月に紛失していたことを公表したもの。

同局京都上労働基準監督署では、6月19日に事故の相手方への債権額を京都労働局長に通知するための通知書4件を紛失していることに気が付いた。被災した労働者や事故の相手の氏名が記載されている。

また同月25日には、労働基準部労災補償課において、事故の相手方への債権額を決定するための決議書2件が所在不明となっていることが判明。被災した労働者と事故の相手の氏名、住所、生年月日、免許証番号、所属事業所の担当者名などが記載されていた。

同局では、これら書類について不要書類とともに誤って廃棄した可能性が高いと説明。個人情報が記載されていた38人に対し、7月に書面で謝罪したという。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
取引先情報など含む業務用携帯電話を紛失 - 医療機器メーカー
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県