Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校全校児童の個人情報を記載した資料を紛失 - 大阪市

大阪市立野里小学校の教員が、全校児童349人の個人情報を記載した班編成表を紛失したことがわかった。

同市教委の発表によれば、同校では10月31日に全校児童による遠足を実施したが、引率した教職員が指導のために持ち出した児童の班編成表が所在不明となっているもの。全校児童349人の氏名、学年、クラスが記載されていた。

遠足終了後、学校へ戻ったところ、教員1人が所持していた班編成表の紛失が判明。活動場所、移動経路などの捜索を行ったが発見できなかった。同校では保護者に対し、書面で報告や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2014/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
入籍届3件を紛失、4月に判明 - 岩美町
小学校で調査票が所在不明、判明後2カ月後に報告 - 湖南市
小学校教員が帰宅途中に眠り込み、USBメモリなど紛失 - 川崎市
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
認定こども園で個人情報含む書類が所在不明 - 安曇野市
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通