Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドラフト会議の観覧希望者情報が流出 - 日本野球機構

日本野球機構は、ドラフト会議の観覧希望者に当選通知メールを送信した際、誤って個人情報が漏洩したことを明らかにした。

同機構によれば、10月10日16時57分ごろ、当選者のアドレス409件に対して「観覧当選通知メール」を一斉送信したが、違う氏名が記載されているとの指摘が受信者から寄せられ、問題が判明したもの。

当選者のリストを作成した際の作業ミスにより、本文に宛先とは異なる氏名が記載されたまま送信されたのが原因で、観覧募集に応募した650人の氏名が流出したという。

同機構では同日に謝罪するメールを送信し、誤送信したメールの削除を依頼。正しい氏名の記載された当選通知メールをあらためて配信した。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
関係ない個人情報含む表計算ファイルを送信 - つくば市
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
イベント案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 調味料販売会社
福祉事務所でメール添付ミス、名簿を誤送信 - 糸魚川市
「名探偵コナン検定」でメール送信ミス - メアド流出
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
GWの緊急連絡先確認メールで送信ミス - 学習塾