Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドラフト会議の観覧希望者情報が流出 - 日本野球機構

日本野球機構は、ドラフト会議の観覧希望者に当選通知メールを送信した際、誤って個人情報が漏洩したことを明らかにした。

同機構によれば、10月10日16時57分ごろ、当選者のアドレス409件に対して「観覧当選通知メール」を一斉送信したが、違う氏名が記載されているとの指摘が受信者から寄せられ、問題が判明したもの。

当選者のリストを作成した際の作業ミスにより、本文に宛先とは異なる氏名が記載されたまま送信されたのが原因で、観覧募集に応募した650人の氏名が流出したという。

同機構では同日に謝罪するメールを送信し、誤送信したメールの削除を依頼。正しい氏名の記載された当選通知メールをあらためて配信した。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
イベント告知メールで誤送信 -兵庫の託児施設
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県