Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、「内部不正防止ソリューション」をリリース

日立ソリューションズは、内部関係者による機密情報漏洩リスクを軽減する「内部不正防止ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、内部不正対策を「認証強化・ID管理」「監視・監査」「持ち出し制御」「データ統制」の4つのカテゴリーに分割。関連製品をソリューションとして展開するもの。

持ち出し制御として、情報漏洩防止ソリューション「秘文」、データ統制では「活文NAVIstaff」など、目的にあわせたソリューションを用意している。

また専門コンサルタントが、情報処理推進機構(IPA)の「組織における内部不正防止ガイドライン」に基づいて現地ヒアリング調査を行う「現状分析サービス」を提供。その結果を踏まえ、不足部分を補うためのソリューションを提案していく。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間