Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、PC不正操作検知時に部屋へ閉じ込める入退室システム

大日本印刷は、機密情報へのアクセス権限を持った内部関係者による情報漏洩を防ぐソリューションを開発し、10月より販売開始する。

同製品は、データの不正な持ち出しなど、「特権ユーザー」による不正操作を監視するソリューション。同社子会社のインテリジェイトウェイブが開発する監視ソフト「CWAT」と、非接触ICカードを活用した入退室管理システムで構成されている。

入退室時に、ICカードでユーザー認証を実施。室内での端末操作をCWATが常時監視し、操作履歴を保存。情報漏洩のおそれがある不正操作を検知した場合は、退室を禁止して管理者への通報する。

システムの導入費用は、最小構成で300万円から。カードリーダーの設置工事費用は含まない。

(Security NEXT - 2014/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃