Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、UTM新製品10機種を投入 - 10万円以下のエントリーモデルも

ソフォスは、UTMアプライアンス「Sophos SG シリーズ」の新製品となる10機種を発表した。

同製品は、マルウェア対策やファイアウォール、IPS 、迷惑メール対策、メール暗号化、情報漏洩対策、ウェブフィルタリング、WAFなどのセキュリティ機能を必要に応じて利用できるアプライアンス製品。

今回、新製品として、従業員10人から30人向けの小規模システム向けに4製品と、無線LAN搭載モデルの2製品、大規模システム向けの2製品をラインナップとして用意した。

小規模向けの「SG 105」の場合、ハードウェア最小構成でファイアウォールとネットワークプロテクション機能の年間ライセンス込みで9万9684円から。

(Security NEXT - 2014/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供