Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実は身近な「ShellShock」、影響範囲を調べる手法

デフォルトシェルとして広く採用されている「bash」に深刻な脆弱性「ShellShock」が発見された問題。すでにウェブサーバに対する攻撃が表面化しているが、普段から「bash」を意識的に利用していない場合も、脆弱性の影響を受ける可能性があるため注意が必要だ。

たとえば、「DHCP」や「FTP」「SSH」「メーリングリスト」さらには「Firefoxのプラグイン」まで、一見「bash」と関係ないプログラムから「bash」を利用しているケースがあり、影響の範囲を特定することが、非常に難しい状況となっている。

脆弱性に関しては、パッチの提供が順次開始されており、早急に適用することが求められる。また今回の問題をはじめ、サーバ管理者などは、どのようなプログラムから「bash」が利用されているか、影響の範囲を把握しておくことも重要だ。

こうした問題を受け、NTTデータ先端技術では、「bash」の挙動を調査する方法について、4種類の調査方法を紹介している。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
2015年上半期はプロキシへの探索行為が増加 - ウェブアプリや制御システムも標的
DBD攻撃の悪用脆弱性、99%が「Flash Player」 - 「Java」への攻撃は鎮静化
Apple、OS X向けにアップデート - 54件の脆弱性を修正
「ShellShock」攻撃でDDoS攻撃の基盤を構築か - 引き続き注意必要
「ShellShock」攻撃が再び - 脆弱なウェブサーバをボット化
サイト改ざんは収束傾向 - 「ShellShock」や「Heartbleed」が影響
「GHOST」はおそれずに足らず、冷静な対応を - 米Trend Microが指摘
8080番ポートへのアクセスが増加 - ShellShock攻撃の対象NASを探索
「Shellshock」攻撃でサーバがマルウェア感染 - 大阪府立産業技研