Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、OS X向けにアップデート - 54件の脆弱性を修正

Appleは、OS Xにおける複数の脆弱性を解消する「OS X Yosemite v10.10.2」および「Security Update 2015-001」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、カーネルの脆弱性10件をはじめ、BluetoothやSpotlight、フォント処理、ログインウィンドウ、画像処理など、あわせて54件の脆弱性に対応した。

関係ないアプリからキーチェーンへのアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2014-8831」や、Gatekeeperによるチェックをバイパスされる脆弱性「CVE-2014-8838」へ対処した。

そのほか、bashのShellShockに関連する脆弱性「CVE-2014-6277」「CVE-2014-7186」「CVE-2014-7187」や、POODLEの脆弱性「CVE-2014-3566」「CVE-2014-3567」「CVE-2014-3568」も含まれる。

また1月に入り、報告から90日が経過したとしてGoogleの脆弱性調査チームである「Project Zero」が、OS Xに関する3件の脆弱性について、実証コードを公開しているが、これら脆弱性についても、今回のアップデートで修正したと見られる。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中