Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、OS X向けにアップデート - 54件の脆弱性を修正

Appleは、OS Xにおける複数の脆弱性を解消する「OS X Yosemite v10.10.2」および「Security Update 2015-001」の提供を開始した。

今回のアップデートでは、カーネルの脆弱性10件をはじめ、BluetoothやSpotlight、フォント処理、ログインウィンドウ、画像処理など、あわせて54件の脆弱性に対応した。

関係ないアプリからキーチェーンへのアクセスが可能となる脆弱性「CVE-2014-8831」や、Gatekeeperによるチェックをバイパスされる脆弱性「CVE-2014-8838」へ対処した。

そのほか、bashのShellShockに関連する脆弱性「CVE-2014-6277」「CVE-2014-7186」「CVE-2014-7187」や、POODLEの脆弱性「CVE-2014-3566」「CVE-2014-3567」「CVE-2014-3568」も含まれる。

また1月に入り、報告から90日が経過したとしてGoogleの脆弱性調査チームである「Project Zero」が、OS Xに関する3件の脆弱性について、実証コードを公開しているが、これら脆弱性についても、今回のアップデートで修正したと見られる。

(Security NEXT - 2015/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
QNAP Systemsの「Multimedia Console」に脆弱性
独自の修正含む「Microsoft Edge 96.0.1054.29」がリリース
脆弱性に対処した「PHP 7.4.26」「同7.3.33」が公開
「Drupal」にXSSの脆弱性、アップデートが公開 - 「同8」は最後の更新