Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Suicaポイントクラブ」で不正ログイン被害 - 大量アクセスで異常気づく

JR東日本が運営するポイントサービス「Suicaポイントクラブ」のウェブサイトで、利用者以外の第三者によって不正にログインされる被害が発生した。同社は一部サービスを停止している。

20140818_je_001.jpg
不正ログインが発生した「Suicaポイントクラブ」

同社によれば、8月15日1時半ごろより、同サービスに対して通常ありえない約29万6000件の大量のアクセスが発生。同社では異常に気が付き、5時半過ぎにログインを制限した上で被害状況を確認したところ、なりすましによる不正ログインを確認したという。

今回の不正アクセスにより、756件のアカウントが不正にログインされており、会員情報が閲覧された可能性がある。ポイントの不正利用は確認されていない。

同社は、システムの監視を強化するとともに、関連する一部顧客のアカウントを一時停止。個別に連絡を取り、パスワードの変更を求める。

同サービスの一部を停止しており、再開についてはサイト上でアナウンスする予定。また被害に遭っていない顧客を含め、同サービスの利用者に対し、パスワードの使い回しや、推測が容易なパスワードを利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス
ハードオフ通販サイトにパスワードリスト攻撃
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力
セシール通販サイトで不正ログイン被害 - 試行は16回
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
中部電力「カテエネ」に不正ログイン - ポイント交換申請など発生
niconicoにパスワードリスト攻撃 - 不正ログイン検出