Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防災科学技術研究所の関連サイトが改ざん - フィッシングの踏み台に

防災科学技術研究所(NIED)が運営するウェブサイトが、何者かによって不正に改ざんされ、フィッシングサイトが設置されていたことがわかった。

改ざんが発生したのは、防災科研が運営する「防災コンテスト」の参加申込受付サイト。同サイト上にフィッシングサイトが設置されていることが8月9日昼過ぎに判明した。現在、サイトの運用を停止している。

今回の改ざんが原因と見られるフィッシングの被害は確認されていないという。同研究所では、同サイトや他関連サイトへの影響を調べており、原因究明およびシステムの復旧を進める。

(Security NEXT - 2014/08/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーミュージックの公式サイトが改ざん - 原因は調査中
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
外部から不正投稿、意図しない記事を掲載 - 日本証券新聞
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイト改ざんで外部サイトに誘導 - ケーヨーデイツー
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害