Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検

石川県警らは7月18日、ファイル共有ソフト「Share」を通じてマンガ作品を無断でアップロードしていた石川県加賀市の会社員男性を、著作権法違反の容疑で金沢地検に送致した。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によれば、男性は2013年12月20日、期間限定で配信されたマンガ作品「期間限定特典付き「進撃の巨人」第10巻」を、Shareを介して無断でアップロードした疑いが持たれている。

同県警の捜査員がサイバーパトロールで発見。ACCSを通じて通報を受けた講談社や作者が告訴した。男性はShareを使ってファイルを入手しており、それをほかのユーザーにも提供する目的でアップロードしたと供述しているという。

(Security NEXT - 2014/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
AIの音声分析で違法動画を監視する新機能 - イー・ガーディアン
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
Chubb損保、サイバー保険を発売 - 行政調査の対応費用をカバー
IPA、小中高生向け啓発コンクールの作品募集を開始
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
IPA、学生向け啓発コンクールの作品募集を開始 - テーマは「ことばの力」
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙