Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で人気の「サポート切れ」ブログツールで改ざん被害多発

カスペルスキーは、日本国内で広く利用されているブログ生成ツールの脆弱性を悪用した改ざん被害が多数報告されているとして、注意を呼びかけている。

攻撃対象となっているのは、国内の作者が開発したフリーのCGIスクリプトである「Web Diary Professional」。すでにサポートを終了しているが、脆弱性が含まれるものの、そのまま使い続けているウェブサイトが多数存在し、改ざん被害が目立っているという。

同社が検索エンジンで調査したところ、2014年4月時点で約50万件のサイトが同ツールを活用。そのなかの一部では、改ざん被害が実際に生じていた。同社が1月から3月までに把握した件数だけでも2800件にのぼるとしている。

改ざんされたサイト上には、スパムを送信やDDoS攻撃などに用いるツールや、バックドアなどを設置されるケースが発生。なかには攻撃者による犯行声明のファイルが保存されるケースもある。

またカスペルスキーによれば、約8割がユーザー認証に使用するパスワードのハッシュなどを記載したファイルが外部から閲覧可能な状態。パスワードが簡単なものだとファイル内の情報はパスワードクラックツールにより解読可能のため、管理者権限を奪われてしまうおそれが高いと同社では指摘している。

同ツールのサポートはすでに終了しており、開発者も他プログラムへの移行を推奨している。一方で、日本語によるマニュアルが用意されており、日本語によるユーザーインターフェイスが使いやすいといった理由で引き続き使い続けているケースが多数存在していると見られる。

カスペルスキーでは、サイトの改ざんや踏み台に悪用される被害を防ぐためにも、サポートが終了したツールを使い続けることを避けるよう注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始