Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メール送信で出会い系サイト運営者に措置命令

総務省と消費者庁は、出会い系サイトの広告メールを不正に送信していた事業者に対し、5月20日付けで特定電子メール法違反による措置命令を行った。

措置命令の対象となったのは、ウェブサイト「みずいろさーくる」を運営し、広告メールを送信していたミネルバ。受信者の同意なく、少なくとも2014年2月から5月にかけて広告宣伝メールを送信。受信者の同意についても記録を保存していなかった。こうした状況を受け、総務省と消費者庁は同社に対して特定電子メール法の遵守を命じる措置命令を行った。

迷惑メールに関して相談を受け付けている日本データ通信協会には、450人からのべ3026件のメールについて相談が寄せられていたという。インターネットユーザーの間でも、同社より「登録完了」など心当たりがないメールが届いているとの声が挙がっていた。

(Security NEXT - 2014/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇