Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Juniper製の一部ゲートウェイが搭載する「ScreenOS」に脆弱性

Juniper Networks製の一部ゲートウェイが搭載している「ScreenOS」のファイアウォールに、サービス拒否の脆弱性が判明した。同社やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

「同6.3」および以前のバージョンに含まれるファイアウォールに脆弱性「CVE-2014-2842」が判明したもの。外部より細工された「SSL/TLSパケット」を送り付けられると、サービス拒否に陥るおそれがある。

同社では、脆弱性を解消するためのパッチを公開。また脆弱性を修正した新版「ScreenOS 6.3.0r17」の開発を進めている。またセキュリティ機関では注意を喚起している。

(Security NEXT - 2014/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表