Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、制御システムのセキュリティ強化を支援

富士通は、「情報セキュリティ強化支援コンサルティング」に、制御システムのセキュリティ強化をサポートするサービスメニューを追加した。

同サービスでは、現状のシステムを把握し、「物理」「技術」「運用面」に関し、情報セキュリティ上の問題点を指摘。その強化策を立案する。

またアプリケーションのセキュリティ設計、製品導入のパラメーター設計および運用面における対策案の作成をサポート。「情報セキュリティ改善企画書作成」「情報セキュリティ設計支援」「情報セキュリティ現状評価」のメニューを用意している。

(Security NEXT - 2014/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表