Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AOLメール」で「なりすましメール」が発生 - 不正ログインによりアドレス帳を取得か

AOLオンライン・ジャパンは、同社メールサービスの利用者において、「なりすましメール」が送信される被害が発生しているとして、注意を呼びかけた。

同社によれば、4月10日ごろから「AOLメール」の利用者より「なりすまし」のメールが送信されたり、送信した覚えのないメールに対する配信失敗のアラートメールが戻ってくるなど、報告が寄せられているという。

同社では、今回確認された「なりすまし」について、利用者以外の第三者による不正ログインが原因である可能性が高いと説明。アドレス帳を窃取した上で、同社以外のメールサーバより発信元を偽装し、送信していると分析している。

同社では、不正ログインを防ぐため、利用者に対して類推しずらいパスワードを用いるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか