Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AOLメール」で「なりすましメール」が発生 - 不正ログインによりアドレス帳を取得か

AOLオンライン・ジャパンは、同社メールサービスの利用者において、「なりすましメール」が送信される被害が発生しているとして、注意を呼びかけた。

同社によれば、4月10日ごろから「AOLメール」の利用者より「なりすまし」のメールが送信されたり、送信した覚えのないメールに対する配信失敗のアラートメールが戻ってくるなど、報告が寄せられているという。

同社では、今回確認された「なりすまし」について、利用者以外の第三者による不正ログインが原因である可能性が高いと説明。アドレス帳を窃取した上で、同社以外のメールサーバより発信元を偽装し、送信していると分析している。

同社では、不正ログインを防ぐため、利用者に対して類推しずらいパスワードを用いるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで
IPA、セキュ教育用教材を公開 - 指導者向けeラーニングも
トーラムオンラインにPWリスト攻撃 - 不正ログインが発生
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
偽楽天メールに注意、複数種類の件名や文面で出回る
4000人超で不正ログイン被害が発生 - LINE
クレカ会員向けサイトにPWリスト攻撃 - トヨタファイナンス