Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「AOLメール」で「なりすましメール」が発生 - 不正ログインによりアドレス帳を取得か

AOLオンライン・ジャパンは、同社メールサービスの利用者において、「なりすましメール」が送信される被害が発生しているとして、注意を呼びかけた。

同社によれば、4月10日ごろから「AOLメール」の利用者より「なりすまし」のメールが送信されたり、送信した覚えのないメールに対する配信失敗のアラートメールが戻ってくるなど、報告が寄せられているという。

同社では、今回確認された「なりすまし」について、利用者以外の第三者による不正ログインが原因である可能性が高いと説明。アドレス帳を窃取した上で、同社以外のメールサーバより発信元を偽装し、送信していると分析している。

同社では、不正ログインを防ぐため、利用者に対して類推しずらいパスワードを用いるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
WAONのポイント不正移行、被害者数を上方修正 - 個人情報流出の可能性も
WAONサイトに「パスワードリスト攻撃」 - 40人でポイント被害
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
カード会員向けサイトにPWリスト攻撃、アカウント945件がログイン許す - アプラス
四国電力の会員サービスに不正ログイン - 149人でポイント交換被害
「dアカウント」への「PWリスト攻撃」、攻撃規模は明らかにせず - 個人情報流出は否定
「eoID」で6458件の不正ログイン被害 - 盆休みに約126万回の試行
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加