Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「お名前.com」装うフィッシングに注意 - ドメイン乗っ取りのおそれも

ドメイン登録サービスやレンタルサーバを展開するGMOインターネットの「お名前.com」を偽装したフィッシング攻撃が確認された。アカウントを奪われるとドメインが乗っ取られるおそれもあり、注意が必要だ。

フィッシングサイトの画像
確認されたフィッシングサイト(画像:フィッシング対策協議会)

今回確認された攻撃は、「お名前.comの登録情報を確認してください」といった件名のメールを送り付ける手口。

メールの本文では、「アカウントが第三者によって盗まれる被害が多発している」などと説明し、「ドメインの管理ができなくなる」と不安を煽って偽サイトへ誘導。IDやパスワードなどのアカウント情報を詐取する。フィッシングメールの指示に従うと、皮肉にもフィッシングメールの本文にあるとおり、ドメインの管理ができなくなるおそれがある。

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングサイトは、すでに停止しているという。同協議会では、今後も同様のサイトが公開されるおそれもあるとして注意を呼びかけるとともに、情報提供を呼びかけている。

ドメイン管理者のメールアドレスは、「Whois情報」から参照できるため、容易にフィッシング攻撃をしかけることができるため、注意が必要だ。

これまでもドメイン登録業者の「更新手続」などを装って、管理アカウントを取得し、ドメインを乗っ取るフィッシング攻撃が確認されており、ICANNではアドバイザリを公表し、広く注意を呼びかけている。

誤ってフィッシングサイトへアカウント情報を送信してしまった場合、ドメインやネームサーバ情報などを不正に操作されたり、ドメインを奪われるおそれがある。

(Security NEXT - 2014/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も